さいたま市浦和にある絵画教室彩光舎(基礎から学べるアートスクール)無料体験受付中!

デッサンの基礎と水彩画・油絵の基礎教室

デッサンの基礎と水彩画の基礎コース

指導日

午前
10:00~12:30
午後
14:00~16:30
担当講師
毎週土曜日 坪井 郁弥(水彩画担当)
第2・4土曜日 日下 芝(水彩画・油絵担当)

坪井 郁弥(つぼい ふみや)
東京芸術大学日本画専攻卒
デッサンと水彩画の基礎を丁寧にわかりやすくご指導させていただきます。「楽しい・・・!おもしろい・・・!がぜんやる気になった・・・!」と言われるようにがんばります。
日下 芝(くさか れいし)
創形美術学校卒業  埼玉県立近代美術館、デイルメンデレ美術館(トルコ)等に作品収蔵
絵を描くのは学校以来、という方でも気軽に絵画を楽しんでいただけるようご指導いたします。日下先生は月曜 風景を描くクラスの講師もしています。


デッサンを基礎からご指導いたします

デッサンは難しいものではありません。
紙と鉛筆があればいつからでも始められます。

光源
光の源です。
光が差し込み光が当たる位置を常に意識し影になっていく部分をよく見て描きます。
ハイライト
光が当たり一番明るく光っているところです。
反射光
光が直接当たる部分ではなく、他のところに当たって反射して光るところを見つけます。
陰影
光が当たる部分からだんだんと影になっていく部分。大切なポイントで表面の質感や立体感が表現できます。
ここが描けるとデッサンが楽しくなります。
リンゴと床との接地部分の影。床に置かれた状態を意識してデッサンすることが大切です。
ここまで描けると完成です。


水彩画を基礎からご指導いたします

水彩画は多くの用具を揃えなくとも水彩絵の具とスケッチブック・筆があれば簡単に始められます。

水彩は色の薄いところや明るい色から塗り始めます。暗い色の上に明るい色をのせても明るくはならないので注意が必要です。
紙の白さを利用することも大切です。
 
「デッサンを習ってみたい・・・水彩画を基礎から教えてもらいたい」とお考えの方、幸講師が皆様のお越しをお待ちしております。
無料体験大歓迎です!
まず見て、試して、比べて下さい。

無料体験のお申込みは、048-822-9952



よくあるお問い合わせ

どんな画材が必要ですか?

鉛筆デッサン用具、透明水彩絵具・アクリル絵具・油絵具、スケッチブックや筆などを使用します。

併設の画材店があり、絵画材料はほとんど取り揃えることができます(割引価格にて販売)。
美大出身の係が絵具・筆・紙類などについてくわしくご説明いたします。





どんなモチーフを描きますか?

経験が全くない方には担当の講師が「やさしく描けるモチーフ」を選びます。
モチーフ室には数多くのモチーフがあります。何を描きたいか、講師をご相談のうえ自由にモチーフを選び描くことができます。




上に戻る

道具類・描きかけのキャンバス類は・・・。

画材道具類はロッカーへ、描きかけのキャンバス類は保管庫でお預かりします。

 

制作中の作品1点は無料でお預かりいたします。

2枚以上置いておく場合は、2枚目から1枚につき1,100円(1ヶ月)の保管料をいただきます。





教室についてもう少し知りたいのですが・・・。

各クラスの作品ページを掲載しております。ご覧ください。




コース紹介
  • 油彩・水彩・アクリル・パステルで描く絵画総合コース
  • デッサンの基礎と水彩画の基礎コース
  • 水彩画を描く
  • 色鉛筆・水彩・パステル・日本えのぐで日本画を描く
  • 人物を描く
  • だれもがピカソ 抽象画を描く
  • 50~130号の大作が描ける
  • ヌードクロッキー
  • やさしい・楽しい銅版画入門コース
  • 基礎からはじめる水彩画と風景スケッチ
  • やさしいパステル画教室
  • 黄金背景テンペラ画コース
  • 幼稚園児~中学生の子ども絵画教室
  • 彩光舎美術研究所
  • 資料請求
  • 入会の申し込み
  • よくあるお問い合わせはこちら
彩光舎カレンダーはこちら

ページトップへ