さいたま市浦和にある絵画教室彩光舎(基礎から学べるアートスクール)無料体験受付中!

講師紹介

月曜・日曜 油絵・抽象画担当
伊東 茂広
Shigehiro Itoh
絵を描いてみたいけれど「上手に描けないから」とか、「基礎がないから」などと思っている人は、かなり多いのではないでしょうか。しかし、実は私達は、日常生活の中で自然に心の中にデッサンをしているのです。たとえば、「この料理はどのお皿にもろう」とか。そしてこの様な日常のデッサンは、私達の生活を豊かで楽しいものにしています。この講座では、一人一人が心の中に持っているデッサンを、白い紙の上に形として表す手助けをしていきたいと思っています。
1961年 甲府市生まれ
1985年 第3回上野の森美術館絵画大賞展
1986年 武蔵野美術大学卒業
1990年 独立展 以後毎年出品
1991年 毎日現代日本美術展
1994年 CAF展
1995年 風の芸術展ビエンナーレまくらざき
1997年 日本の現代美術展アイスランド
1998年 山梨県新進作家選抜展美術館賞
2000年 彫刻の森美術館賞
2005年 独立展独立賞
2006年 独立展独立賞
2010年 輝け独立美術 日本橋三越
2011年 輝け独立美術 日本橋三越
独立美術協会会員
個展
1992年 ギャラリーモテキ
1997年 ギャラリーセンターポイント
2000年 メタルアートミュージアム光の谷
2004年 ギャラリーモテキ
2005年 ギャラリーマモン
2006年 庭園ギャラリー櫻守
上野の森美術館・山梨県立美術館収蔵
火曜・水曜 油絵担当
内山 芳彦
Yoshihiko Utiyama
人類は有史以前よりさまざまなかたちに己の心を表現してきました。美術作品が時代、民族を超えて人々に感銘を与えてくれるのは、それが人間の生活と心の記録だからです。
感動を確固たる手ざわりでキャンバスに定着できたとき良い作品が生まれます。自然の中からもののあり方を学び、素直な気持ちでキャンバスに向かい、ものをつくる目と心と表現力を養う努力が絵をつくる第一歩になるのではにでしょうか。
1959年 長野県生まれ
1968年 東京芸術大学大学院美術研究科油画
技法材料研究室修了
白日会会員選抜展(~’90)
北野美術館大賞展 第一回俊洋展 (以降7回展まで)
1988年 第64回白日展内閣総理大臣賞受賞
1991年 かけがえのない現象展
(以降毎年 2009より英英紅緑展に名称変更) 日本橋三越
1998年 日本橋三越にて個展
2006年 水無月会 以降隔年で出品 相模屋美術店
2007年 武蔵野美術大学造形学部油絵学科非常勤講師
2007年 白日会会員
2009年 白翔の会2009 名古屋
水曜 水彩画担当
卯野 和宏
Kazuhiro Uno
人は無からの創造はできません。同様に絵もまた無から作品を生み出すことはできません。
自分をとりまく世界をじっくりと観察し、そこから体験した確かな知識と経験によって自分の心を形にしていくことが絵には大切なことです。
絵を描き、またそれを続けて行くことで世界と己を知ることが出来るのだと思います。絵には新たな発見と感動の連続があるのではないでしょうか。
1978年 茨城県生まれ
2002年 武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業
2004年 同大学大学院美術専攻油絵コース修了
2008年 個展(アルトン/銀座)
2009年 個展(東急百貨店/渋谷)
2010年 個展(アートフェア東京/東京国際フォーラム)
2011年 個展(アートフェア東京/東京国際フォーラム)
現在 白日会会員 日本美術家連盟会員
作品所蔵 ホキ美術館
木・金・日曜 絵画基礎・油絵担当
湯原 誠
Makoto Yuhara
対象をじっくりと観察する。ぼんやりと眺める。「みる」にも様々あります。映像情報が絶え間なく押し寄せる日常生活で、身近にある静物、植物や人物に眼を向けることに費やす時間が少なくなっていないでしょうか?見方を変えると、対象の今まで気が付かない側面が見えてきます。観察から認識へと自然の秩序を発見することは絵を描く歓びとなります。絵を描く眼で、生活をしてみる。そこには、新しい日常があり、生活を豊かにすることになるでしょう。
1960年 千葉県生まれ
1986年 東京芸術大学油画科卒業
1988年 同大学大学院油画科修了
1989年 同大学研究生修了
個展・グループ展
1985年 グループ展(東京芸術大学大学会館展示室)
1986年 SECTION’86(真和画廊)東京
1988年 個展 ギャラリーQ東京
第一研究室展(みゆき画廊/東京)
1989年 Art Beyond The Limit’s89(神奈川県民ホール)
1991・1994年 個展 ギャラリーQ 東京
1996・1999・2002年 個展 なびす画廊 東京
2001・2005年 個展 ガルリ ソル 東京
2003年 ハートランド ドローイング ビエンナーレ(脇田美術館)
2006年 個展 千葉銀ギャラリー 東京
絵画三人展 ガルリ ソル 東京
2007年 Petit SOL展 #2 東京
火曜・金曜 日本画担当
藤谷 和春
Kazuharu Fujitani
日本画の絵具と材料(パネル、和紙、膠、箔、泥、筆、等)のおもしろさと、表現の豊かさや方法を、分かりやすく丁寧に指導していきたいと思っています。初めての方でも、描写のための手順や、絵具の塗り方等を、具体的に指導しますので、安心して描く事が出来ます。教室では、一人一人描くモチーフ、絵の大きさ、進み具合が異なりますので、それぞれの人に合わせて、納得行く様に描いてもらっています。日本画の魅力を発見し、一枚でも多く描く事で、感動を覚えていけたら、素晴らしいと思います。
1954年 群馬県桐生市生まれ
1978年 東京芸術大学日本画科卒業
加藤東一に師事
1979年 美術大学卒業選抜展出品
日春展入選
1984年 日展入選
1993年 萩岡流家元(山田流筝)舞台松ノ図制作
1995年 日春展奨励賞
1995年 柏高島屋にて個展
1999年 高崎高島屋・柏高島屋にて個展
2001年 柏高島屋3人展
銀座画廊にて素描展
2003年 日展入選作品「静の刻」 美術の窓にて掲載される
筝曲・萩岡流家元(山田流)文化庁芸術祭参加リサイタル
パンフレット・ポスター・入場券用にさくらの絵を描く
2004年 日展会友
2005年 高崎高島屋にて個展
2008年 船橋東武百貨店にて個展
2009年 大森清氏(キッコーマン株式会社元取締役専務元中央大学理事)著 私のビジネス春秋の挿絵を描く
2011年 賛美のオルガン 画(日本映画大学所蔵) 高知大丸にて個展
現在 千葉県流山市在住
金曜 日本画担当
加藤 晋
Shin Katoh
大地の中に寝むる石を細かく砕いて、日本画の絵具はできています。その山のかけらを動物の皮から煮出し、精製したニカワという接着剤で草木から作られた和紙に着けることで絵を描いていきます。自然の中からできた材料を使い、自己の目指す表現を目標に楽しく学んで行きたいと考えています。
1955年 東京生まれ
1977年 多摩美術大学絵画家日本画専攻入学
加山又造教室に入る
1980年 多摩美術大学絵画科日本画専攻卒業
加藤東一に師事
1981年 日春展 雉子 初入選
日展 縞馬 初入選
1985年 日春展 待つ 奨励賞
1991年 日展 明日吹く風 特選
1992年 日展 花の夢花も夢 無鑑査出品
1993年 文化庁現代美術選抜展 明日吹く風 出品
同展 ポスターに採用
1994年 日展 秋と空の間 特選
1995年 日展 空の空色 無鑑査出品
1996年 日展 短かった夏 以後出品委嘱(2002年まで)
文化庁在外研修にてアラスカ州立フェアバンクス大学に留学
1998年 日春展 秋に咲く 外務省買い上げ
2001年 日展審査員となる
2002年 日展会員となる
現代日本画の旗手展(天童美術館・秋野不矩美術館など)出品
2004年 DOMANI「文化庁在外研修の成果」
2005・2006・2007年 「発・展」日本橋高島屋 美術画廊
2008年 「四方会」森田画廊(銀座)
2009年 個展 アートモリモト(銀座)
2010年 「FIVE ELEMENT」日本橋高島屋 美術画廊
現在 日展会員
その他 日展作品首相官邸貸し出し三回グループ展参加など多数
木曜・土曜 手作り額担当
新井 正克
Masakatsu Arai
美術(それと音楽と体育)は、身体的能力を駆使するので、関わる力の向上や維持には、毎日の練習が大事です。美術では、「見る」ことがよい練習になります。ぜひリラックスして、ただ「見る」時間を毎日少し余計に持っていてください。
また何か試して失敗した気がする魂や線やシミも、当面、見える所に堂々と飾って見てください。(※不完全なものほど、見られることで様々に補われ、新たな形に見えるチャンスが増します)世間一般での役割が何であれ、私たちは、「見る」機会を身の回りに増やしていく道具として、額縁を利用できます。特に美術を学ぶ人には、沢山並べてみることをお勧めします。
(※狭い日本の壁環境では、変更の難しい市販のハードウェアだけで固めていくより、気楽に更新できる手作り技術を併せ持って、柔軟に考えられるほうが、より良いと思います)
1963年 埼玉県生まれ
1987年 東京造形大学絵画科卒業
グループ展 東京セントラルアネックス
1988年 平行絵画展 ドイツ ハンブルグ市クッベルラウム
1989年 (’90’91)グループ展 東京 世田谷美術館
1991年 二人展 銀座サエグサ画廊
1999年 手作り額縁ワークショップ 日本ヴォーグ社 市ヶ谷
2003年 やさしいフレームアート 朝日カルチャー新宿
金曜 銅版画担当
高松 久子
Hisako Takamatsu
版画・技法・紙(多くの場合)・描かれるもの・テーマなど・・・・それらの相性がピタリと合った時、紙の宝石と称される作品が生まれるように思います。
自分にとっての宝石が、誰かの宝物になるか・・・・?は難しいところですが。・・・・
1967年 埼玉県出身
1992年 多摩美術大学卒業
1995年 銀座 九美洞ギャラリー(個展)
銀座九美洞GポストカードコミュニケーションVOL1.参加
以後毎年
日本版画協会展(’95 ’97)
神奈川国際アンダパンダン展(’95 ’97)
1996年 木口木版小作品展
1997年 銀座九美洞G Ground+Planet(二人展)
1998年 銀座九美洞G 色一青(グループ展)
Gallery代々木(個展)
埼玉県版画家協会展 以後毎年
2001年 Gallery 昴 Print+Colorworks(個展)
2003年 花椿通り画廊(グループ展)
2004年 銀座九美洞GWood-Cut Love(グループ展)
アートゾーン神楽岡 鑿刻の会展21(グループ展)
2005年 ミウラ アーツ 鑿刻の会展21(グループ展)
2006年 Oto Gallery 新春木口木版画展 黒の芸術
小宇宙(グループ展)
ミウラ アーツ 鑿刻の会展 木口木版4人展
2007年 養清堂画廊 4人の木口木版画展
埼玉県版画家協会会員
土曜 児童画担当
今井 ちひろ
Chihiro Imai
子供の頃にもの作りや表現の楽しさを経験することは、豊かな想像力や感受性を養い、それは大人になってからも些細なものごとの中に美しさや面白みを見つけられる心の余裕になってきます。
子供達の描く線や色、一つ一つの物語に耳を傾け自分に合った表現の仕方を見つけるお手伝いが出来たらと思います。
絵には正解や間違いはないですので、子供たちのそれぞれ持っている個性を大切に安心して制作できる教室にしたいと考えています。
1982年 埼玉県生まれ
2002年 多摩美術大学油画専攻卒業
2007年 「今井ちひろ展」フタバ画廊
2008年 「くさぶえのうた」あるぴいの銀花ギャラリー
2009年 「彼処」HBギャラリー
2010年 「今井ちひろ本の仕事展」 東京三共信用金庫池袋支店
2011年 「さら さら」 thorn tree gallery
2012年 「ねむる温度」あるぴいの銀花ギャラリー
その他 グループ展多数
HBファイルコンペVol.19鈴木成一賞受賞
装画の仕事として「魔法使いクラブ」青山七恵「星星峡」、「小原流挿花」など
土曜 児童画担当
澤本 幸子
Sachiko Sawamoto
2009年 第22回美浜美術展 入選(福井県美浜町)
個展「Something of sea」(ギャラリーパパラチア/栃木県 宇都宮市)
2010年 文星芸術大学美術学部油画専攻卒業
第23回美浜美術展 FBC賞(福井県/美浜町)
2011年 個展「untitled」(文星芸術大学ギャラリー/栃木県 宇都宮市)
第24回美浜美術展 入選(福井県 美浜町)
2012年 文星芸術大学院油画専攻卒業
個展「squares」(ギャラリー・イン・ザ・ブルー/栃木県 宇都宮市)
清須市第7回 はるひ絵画トリエンナーレ 佳作
第7回 大黒屋現代アート公募展 入選 (栃木県 那須塩原市)
グループ展 「独協医大病院美術散歩”癒し探訪”」(独協大学病院/栃木県 壬生町)
2013年 二人展 澤本幸子 宮崎靖子 (板室温泉 大黒屋/栃木県 那須塩原市)
GALLERY HINOKI ART FAIR XV(ギャラリー檜B・C)
『MEMORIES』石川薫×澤本幸子curation:Haruko Yamada(RED AND BLUE GALLERY/東京 中央区 新富)
2014年 澤本幸子個展「ARTWORKS」(ギャラリー・イン・ザ・ブルー/栃木県 宇都宮市)
和解と和合の韓日展(韓国)
二人展 Double walls [Painter Kuro×澤本幸子+岸本亮(fox capture plan,JABBE R LOOP)](ギャラリーK/埼玉県 越谷市)
2015年 知恵の輪 芸術連鎖 in GINZA(銀座アートホール/東京都中央区)
牧野 未央
Mio Makino
筑波大学博士前期課程芸術専攻修了
2008 新制作展初入選(以後毎年出品)
2017 よつわ会彫刻展参加
土曜 デッサン・水彩画担当
幸 亮太
Ryota Yuki
1983年埼玉県出身。東京芸術大学大学院日本画専攻卒。
デッサンと水彩画の基礎を丁寧にわかりやすくご指導させていただきます。「楽しい・・・!おもしろい・・・!がぜんやる気になった・・・!」と言われるようにがんばります。
日下 芝
Reisi  Kusaka
創形美術学校卒業 埼玉県立近代美術館等に作品収蔵
絵を描くのは学校以来、という方でも気軽に絵画を楽しんでいただけるようご指導いたします。
風景画クラスでは水彩でも油彩でも制作することができます。
彩光舎情報
  • こんなモチーフを描いてます
  • モチーフ室はこちら
  • これまでのイベント
  • 彩光舎美術研究所
  • 資料請求
  • 入会の申し込み
  • よくあるお問い合わせはこちら
彩光舎カレンダーはこちら

ページトップへ